おきのーとを書いてる人

masako
masako
未来逆算で毎日ごきげん、おきのーとの中の人masakoです。はじめまして^^

このブログにご興味を持っていただいてありがとうございます。

このページは私の自己紹介です。どんな人がこのブログを書いているのか感じていただけると思うので、どうぞ目を通してみてください。

 

私は以前は手帳に「予定」や「ToDo」を書いて、ただ「やらなけらばいけない」という気持ちでそれをこなす毎日を送っていました。

手帳を見るのは「予定を確認するとき」と「予定を書き込むとき」だけでした。

逆に「予定を書く以外のことに手帳を使える」と知りませんでした。

そんな私が逆算手帳を知って実際に使いだしてからは、手帳を見るのが日課となり、なりたい自分になるための行動をするようになったので、生活自体が前よりもとても楽しくごきげんになったと思います。

なにより自分スタイルが感じられるようになってきて、人と比べなくなりました。これは本当に大きな変化です。

 

手帳に書くと願いが叶うの?

 

目標シートなどに記入したことが一つ一つ叶っていく楽しみは一言では言い表せません。

「やりたいこと」に関する画像や文字を日に何度も目にすると、願いが叶いやすいと言われています。

私の場合も、2019年度の逆算手帳のやりたいことリストに書いたことは半年経った今、5つの願いが叶いました。

 

手帳にハマる根本的なきっかけは、デコる楽しさもありました。逆算手帳の各ページをデコラティブにしていると気分も上がってくるんです^^

見るだけで気分が上がるから毎日見る 

⇒ たくさん目にするものはイメージが脳に刷り込まれる。

⇒ 願いが叶う

っていう感じかな、と思います。

 

逆算手帳以外の手帳も過去に何種類か使っていましたが、だいたい出来事の記録(愚痴を大いに含みます)と予定を書くだけでした。

逆算手帳に出会って、これまでとは手帳の使い方を変え、内容がポジティブでカラフルになりました。

 

ブレインプログラミングという本との出会い

逆算手帳とほぼ同じ時期にブレインプログラミングという本に出会い、心の中にある思いはそのまま現実となっていくということが理解できた気がします。

ブレインプログラミングの著者はご夫婦で、やりたいことを紙に書いていました。これだけを知ったとしても、なんだかスピリチュアルな世界の話では?と思ってしまいがちですが、読み進めるとRASの話が出てきます。

RASというのはいったい何か?どんな働きをしているのか?本の中に書いてあったことをザックリまとめると、

感覚神経などから集めた情報は脳幹にある網様体という神経の集まりが脳に伝えていて、その情報の99%が自動的にRASによって処理されているというのです。科学誌の論文にも書かれているそうです。

例えば、空港などの雑音の中であっても自分の名前を聞き分けることができるのは、RASの働きによるものだそうです。本当に欲しい情報はキャッチできる能力が人間にはあるのですね。

これを知ったときは、以前ぼんやりと引き寄せ関連の書籍を読んだときとは違う衝撃がありました。RASがうまく作用するなら、願いが叶うのはむしろ当たり前?・・・という世界なのかもしれません。

私は、「えー、そんなに簡単に願いって叶うの?」と思う一方で、「やってみるっきゃない」という好奇心がムクムクと大きくなっていくのを感じていました。

本のとおりに目標達成している自分を細かくイメージをしながら、逆算手帳に一つ一つやりたいことを書いていく作業は楽しいです。だって、なりたい自分になっている様子を想像するのですから。

私の場合は、ダイエットも目標のひとつなので「痩せて普通のサイズの洋服をバーゲンでしこたま買い込んでいる」「試着室であれもこれも着てみる ⇒ なんと、どれもピッタリでよく似合う!」な~~んていう想像もするわけですよ^^

ダイエット以外にもやりたいことや成し遂げてみたいことがたくさんあるので、手帳のやりたいことリストがどんどん増えていきます。

 

とにかくやってみようと思います

 

興味があるものは、できる限り実際にやってみなくちゃ気が済まない性格。私って、小さいときからそうなんです。

だから逆算手帳も気が済むまで試したいと思います。

やりたいことリスト100個の中で、すでに叶っているいくつかの願いは以下のとおりです。

  1. 血行がよくなるストレッチを知る
  2. 毎年ハワイ旅行をする
  3. パソコン周りを充実させる
  4. iPad Proでイラストを描けるようになる
  5. ファッション雑誌に載る

これから先もなりたい自分になっていこうと思っています。今ではリストは100個では到底足りません^^;

 

私のお気に入りの場所3つをご紹介します

 

私のお気に入りの場所の1つは手帳を開く机です。家にいる時はここで日に何度も手帳を開きます。

机に向かうと目の前にはマステの棚があります。キングジムさんのマスキングテープケース、とても気に入ってます。

マステ収納棚

ちなみに60個収納できるLサイズのケースが満タンになってしまったので、買い集めるのはしばらくお休みしなくちゃ~と覚悟しています^^;私の場合は幅の広いマステが多いですから実際には60個もないんですけどね。

マステを集めだしたきっかけは、

「手帳を何度も見るならデコった方が気分が上がるにきまってる!好きな画像もたくさん貼っちゃおう!」

と思ったことです。最初は1つ2つ購入していたマステやシールが、あれよあれよと増殖しました。(笑)

シールの方はもはや収拾がつかず、私の作業部屋のそこかしこに散らばって存在しているので、そろそろ片づけてひとまとめにしなくちゃ、と思っています。

 

好きな場所2つ目はこちら。

HARBSというカフェは東海、関西、関東、とニューヨークにあって、コーヒーとケーキがとても美味しいんです。

そして、長居しても何も言われたことがなく、お昼に友人と待ち合わせをして何時間も喋り倒して、気づいたら外は真っ暗になっていたことも何度も・・・^^;

コーヒーはおかわりできるし、ケーキは美味しくて大きくて、美しい。

ルミネカードで10%オフの期間には必ず行きたくなります。ふふふ~♪

私は何か購入したいものや食べたいものがあるとき、節約のために買うのを我慢するのではなく、どうやったら少しでもお得に買えるかな?と考えます。本や日用品もお店で買って帰るととても重いので通販が便利ですが、送料がもったいなく感じたときは、送料が無料になる方法で購入しようとします。

だから、ハーブスのケーキとコーヒーもルミネカード10%オフの期間に食べたいと思うんですよ~♪

 

そして、好きな場所3つ目はディズニー関連の場所。

東京ディズニーリゾートも、香港ディズニーランドも、ハワイのアウラニも、全部大好きです^^

そこに居る自分を想像するだけで気分が上がります。

アウラニディズニー

この写真はオアフ島アウラニでミッキーにサインをしてもらっている時のものです。

あぁ、私の嬉しそうな様子ったら、、、(><)

 

私がディズニーリゾート関連を好きになったきっかけ

 

ただ単に、ミッキーやドナルドというキャラクターのことやディズニー映画という夢の国が好きだった私も、東日本大震災のときの東京ディズニーランドのキャストのみなさんの適確な対応をテレビで見て感動した時からは、夢の国だから好きという気持ちだけではなくなったと思います。

お店のぬいぐるみをゲストに配って頭を守ってくださいと言ったり、お菓子を配ったりしているキャストの様子をニュース番組などで観た私は、キャストのみなさんの行動一つ一つにひたすら感動していました。

そして、「心配くばりの魔法」という本に出会ってからはきっと少しだけ好きになり方(?)が変わったかもしれないと思っています。えぇ、もっと深く好きになりました。

この本は東京ディズニーランドを運営している会社(オリエンタルエランド)に17年勤めた櫻井恵里子さんが書かれています。

東京ディズニーランドに行かれたことがあるなら、地面にキャラクターを絵を描いているキャストを見かけたかもしれませんね。マニュアルにないことらしいのですが、ゲストを喜ばせようという心くばりなんですね。

だれかを喜ばせることってなんて素敵なことなんだろう、って思いました。

本のなかには「期待を超えた行動」というのが書かれていました。いろいろなエピソードを読むと涙が出てきます。

読んでいるうちに「ディズニーという言葉に魅かれてこの本を手に取ったけれど、内容はディズニーに限ったことではなく、今すぐに私にもできることがたくさんある」と気づきました。

それから、私はこの本の見やすさも大好きなんですよ^^各章の最初のページがとても素敵だし、イラストもかわいくてほのぼのします。

心配りの魔法

本の感想はまた別の記事に書くとして(いや、さんざんここに書いてしまったか)、とにかくディズニーリゾートに行くたびに、ますます好きになってしまうんです。まさに魔法!

 

手帳はスゴイ、手帳が好き

 

と、手帳に惚れ込んでいる私です。

好きな場所で手帳タイムを楽しむこと、手帳を使うことで自分の時間をもっと有効利用できるようになりました。気持ちが上がる場所へお出かけできる機会が増えましたし、書くことが好きになると自然に本を読む時間も増えました。

すべて手帳の使い方が変わったことで得られた素敵な時間です。

逆算手帳を使いだす前から手帳はいろいろ使っていましたが、使い方が今と違っていました。以前は手帳に関して「ごきげん」とか「目標達成」などという発想は無かったです。

予定を書く ⇒ 予定をこなす という目的で使っていた時と今を比べると、今の方が格段にごきげん度数が上がりました。

でも、今でも逆算手帳以外の手帳もたくさん使っています。それぞれの手帳に役割を持たせて、ゆたかで穏やかな気持ちで生活するための、欠かせないパートナーになりました。

因みに、ほぼ日手帳のカズン、オリジナル、プランナー、ウイークスの4種類やマークスのシステム手帳、アシュフォードのバイブルサイズ、ファイロファックスも使用中です。

そちらの使用方法なども折を見て発信しようと思います。

手帳には絵を描いてもいいし、シールや写真を貼るだけのページがあってもいいし、毎日書かなきゃいけないわけではないし、持ち歩きをしない場合もあるでしょう。

いろんな使い方がある中で、

目標達成のために手帳を役立てる使い方を、このブログでは発信していこうと思います。

実際の画像を含め、逆算手帳に関連したあれこれを、私の視点でどんどん書いていきます。

masako
masako
そんなokilogをこれからもどうかよろしくお願いいたします。

 

2019.04.05 masako

 

≪ご紹介≫

おきのーとの中には友人の「結衣さん」が時々登場して、私に質問してくれます。どうぞよろしくお願いいたします^^

←← 結衣さん